コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センター試験の変更点

1件 の用語解説(センター試験の変更点の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

センター試験の変更点

社会系教科は従来、地理歴史と公民に分かれ、各教科から「世界史A」など1科目を選ぶ方式だった。今回は、地歴と公民を1コマの試験時間にまとめ、両者から最大2科目選べるよう変更した。受験生は(1)地理歴史から2科目(2)地理歴史と公民から2科目(3)公民から2科目――を受験できるようになった。(2)には両教科の問題冊子を試験開始前に配ることになっていたが、徹底されずトラブルとなった。

(2012-01-19 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

センター試験の変更点の関連キーワード階級社会公民教育ストラボン高等学校卒業程度認定試験社会史地歴必修科目分れ道地歴公民の選択制帝国書院

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

センター試験の変更点の関連情報