コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センダイムシクイ(仙台虫喰) センダイムシクイ crowned willow warbler

1件 の用語解説(センダイムシクイ(仙台虫喰)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

センダイムシクイ【センダイムシクイ(仙台虫喰) crowned willow warbler】

スズメ目ヒタキ科の鳥(イラスト)。全長約13cm。雌雄同色。背面は暗緑色,下面は汚白色で,黄白色の明りょうな眉斑がある。頭上に淡色の頭央線があり,ほかのムシクイ類と容易に区別できる。アジアの北東部で繁殖し,秋・冬季には中国南部や東南アジアまで渡る。日本には夏鳥として4,5月に渡来し,北海道から九州までのおもに1200m以下の落葉広葉樹林で繁殖する。樹上の枝葉の間を絶えず活発に動き回りながら昆虫やクモなどをとらえて食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

センダイムシクイ(仙台虫喰)の関連キーワード駒鳥鮫鶲知目鳥紅雀麦蒔き目細虫食葦切

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone