コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントクロイ島(読み)セントクロイとう(英語表記)Saint Croix

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントクロイ島
セントクロイとう
Saint Croix

西インド諸島東部,バージン諸島南部の島。同諸島最大の島であるが,ほかの島嶼からやや離れ,プエルトリコの南東約 100kmに位置する。アメリカ合衆国領バージン諸島に属する。西部には海岸に平行して走る丘陵があり,平野部の大半は耕地化されている。1493年クリストファー・コロンブスが「発見」したが,ヨーロッパ人の入植は 17世紀半ば以降で,フランス領,デンマーク領など領有の変遷を経て 1917年アメリカ領。プエルトリコからの移住者が多い。主産業は観光で,ほかにラム酒製造も盛ん。北東岸にクリスチャンステッド,西岸にフレデリックステッドがある。面積 218km2。人口 5万601(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

セントクロイ‐とう〔‐タウ〕【セントクロイ島】

Saint Croix Island》西インド諸島東部、小アンティル諸島北部の米国領バージン諸島の島。セントトーマス島の南約65キロメートルに位置する。バージン諸島中で最も大きい。デンマーク領時代の面影が残るクリスチャンステッドフレデリックステッドという二つの町のほか、18世紀建造の要塞やサトウキビ農場の跡地がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android