セントラル・リーグ

世界大百科事典 第2版の解説

セントラル・リーグ

パシフィック・リーグとともに日本のプロ野球リーグの一つ。正称はセントラル野球連盟。略称リーグ。1949年まで1リーグ8球団だった日本野球連盟が新球団参加問題で意見が一致せず分裂した。50年,読売ジャイアンツ(巨人),松竹ロビンス,中日ドラゴンズ阪神タイガースの4球団に新球団として広島カープ,西日本パイレーツ,大洋ホエールズ国鉄スワローズを加えて,8球団でセントラル・リーグがスタートした。最初の公式戦の優勝は松竹で,この年から始まった日本シリーズでパシフィック・リーグの優勝チーム毎日オリオンズと対戦し,2勝4敗で敗れた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セントラル・リーグの関連情報