コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントレア せんとれあcentrair

知恵蔵の解説

セントレア

成田、関西の両空港に次ぐ国内3番目の国際空港として2005年2月17日、愛知県常滑市沖合に開港した24時間空港。地元財界5割、国4割、愛知県など地元自治体が1割を持ち寄って設けた民間企業、中部国際空港会社が運営する。トヨタグループから社長を迎え、総事業費を当初計画の7680億円より約1200億円圧縮した。成田や関西に比べ国内線が充実しており、日本各地と海外を結ぶ乗り継ぎ拠点空港を目指す。滑走路は3500m1本。開港20年後には、従来の名古屋空港と比べ、旅客が倍の2050万人、貨物は3倍の52万tを見込む。2本目の滑走路をつくる構想もあるが、成田や関空の拡充、羽田の早朝・夜間国際化、アジア各国の大型空港の整備など、「向かい風」も吹き始めている。

(平栗大地 朝日新聞記者 / 松村北斗 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

セントレア

愛知県常滑市、中部国際空港内の商業施設。2005年オープン。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

セントレアの関連キーワード愛知県常滑市セントレアなぞの旅人フーなぞの荷物持ち名古屋(市)Keito常滑(市)なぞのトリ中部空港

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セントレアの関連情報