セント・ジョンズ(読み)せんとじょんず(英語表記)Saint John's

翻訳|Saint John's

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セント・ジョンズ(アンティグア・バーブーダ)
せんとじょんず
Saint John's

カリブ海東部、リーワード諸島にあるアンティグア・バーブーダの首都。人口2万2342(1991)。アンティグア島北西部の入り江の奥に位置する商業都市。セント・ジョンズの港はクルーズ船が入港できるように浚渫(しゅんせつ)されている。アメリカやイギリスからの観光客が多く、観光が重要な産業となっている。代表的な建物はバロック様式の白亜のセント・ジョンズ大聖堂である。この建物は1683年と1745年の地震によって破壊されたが、そのたびに再建され、現在の建物は1845年に建設されたものである。植民地時代に裁判所であった建物はアンティグア・バーブーダ博物館となり、先住民アラワクの民具・道具や芸術品などとともにアラワクの実物大の民家、サトウキビ・プランテーションの模型などが展示されている。[菅野峰明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

セント・ジョンズ(アンティグア・バーブーダ)【セントジョンズ】

カリブ海東部の島国アンティグア・バーブーダの首都。同国の主島アンティグア島の北西岸に位置する。18世紀にはイギリス海軍の,西インド諸島における主要基地であった。商業,観光の中心で,港からはサトウ綿花などを輸出している。人口2万2219人(2011)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セント・ジョンズの関連情報