コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セント・ジョーゼフ せんとじょーぜふSaint Joseph

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セント・ジョーゼフ
せんとじょーぜふ
Saint Joseph

アメリカ合衆国、ミズーリ州北西部、ミズーリ川に臨む都市。人口7万3990(2000)。輸入港、および鉄道交通の要衝である。農業、牧畜地帯の中心にあるため、集散、交易の中心都市として活躍するほか、製粉、食品加工、食肉出荷業が盛ん。そのほか、電気製品、薬品、衣料、製紙業がある。1826年に町が設立され、1860年には、カリフォルニア州サクラメントとの間を通うポニー・エクスプレスの東のターミナルとなった。[作野和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

セント・ジョーゼフの関連キーワード西部開拓史/活躍した「英雄」たちポニーエクスプレスセントジョーゼフ川フォート・ウェインフォートウェーンセントジョーゼフクロンカイトサウスベンドスペリオル湖エルクハートオールバニ川ラ・サールナムギャルホーキンズヒューズ

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android