コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セント・エライアス[山脈] Saint Elias Mountains

世界大百科事典 第2版の解説

セント・エライアス[山脈]【Saint Elias Mountains】

カナダとアメリカ合衆国(アラスカ州)との国境地帯南西部,太平洋岸沿いを400kmにわたって走る山脈。北アメリカ第2,カナダ第1の高さのローガン山(6050m),セント・エライアス山(5489m)をはじめとする高峰があり,マラスピーナなどの大氷河はヒマラヤのそれに比肩する。セント・エライアス山は1897年にイタリアのアブルッツィ公が初登頂。【正井 泰夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

セント・エライアス[山脈]の関連キーワードローガン[山]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android