コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セント・エルモの火(読み)セントエルモのひ(英語表記)Saint Elmo’s fire

世界大百科事典 第2版の解説

セントエルモのひ【セント・エルモの火 Saint Elmo’s fire】

雷雨やあらしの夜に,船のマスト,教会の塔などの先端に現れる青紫色の炎状の光。急峻な山の頂上でことによく現れる。昔,地中海の船人が船のマストに現れるのを見て,セント・エルモ(船乗りの守護聖人エラスムスSt.Erasmusのなまったもの)の加護のしるしだと考え,こう名付けた。頭上の強く帯電した厚い雲(対流雲)や雷雲の影響で,地表の大気電界(距離に対する電位差の比)が大きくなったときに現れる一種の放電現象である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android