コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セント・エルモの火 セントエルモのひ Saint Elmo’s fire

1件 の用語解説(セント・エルモの火の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

セントエルモのひ【セント・エルモの火 Saint Elmo’s fire】

雷雨やあらしの夜に,船のマスト,教会の塔などの先端に現れる青紫色の炎状の光。急峻な山の頂上でことによく現れる。昔,地中海の船人が船のマストに現れるのを見て,セントエルモ(船乗り守護聖人エラスムスSt.Erasmusのなまったもの)の加護のしるしだと考え,こう名付けた。頭上の強く帯電した厚い雲(対流雲)や雷雲の影響で,地表の大気電界(距離に対する電位差の比)が大きくなったときに現れる一種の放電現象である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セント・エルモの火の関連キーワードシップセントエルモの火雷雨嵐の前の静けさ年の豆年の夜夜嵐清しこの夜やあら嵐の眼

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone