コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セント・ジェルジ Albert von Szent‐Györgyi

1件 の用語解説(セント・ジェルジの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

セント・ジェルジ【Albert von Szent‐Györgyi】

1893‐1986
ハンガリーの生理・生化学者。ブダペストプラハなどの大学で学び,オランダアスコルビン酸(ヘキスロン酸ビタミンC)と生体内の酸化還元反応におけるその役割を発見。この業績で1937年度ノーベル医学生理学賞を受けた。ついで筋収縮の研究に転じ,生体外で作ったアクトミオシンが,エネルギー源物質であるATPによって収縮することを発見し,分子レベルでの収縮機構研究の糸口を開いた。47年にアメリカに渡り,ウッズホール臨海実験所で活動。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

セント・ジェルジの関連キーワード東京大学三原山広告写真種蒔く人早川純一西畑まどかあんみつ姫横浜事件ウェルナー猪子吉人

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone