コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セント・ジェルジ Albert von Szent‐Györgyi

世界大百科事典 第2版の解説

セント・ジェルジ【Albert von Szent‐Györgyi】

1893‐1986
ハンガリーの生理・生化学者。ブダペスト,プラハなどの大学で学び,オランダでアスコルビン酸(ヘキスロン酸ビタミンC)と生体内の酸化還元反応におけるその役割を発見。この業績で1937年度ノーベル医学生理学賞を受けた。ついで筋収縮の研究に転じ,生体外で作ったアクトミオシンが,エネルギー源物質であるATPによって収縮することを発見し,分子レベルでの収縮機構研究の糸口を開いた。47年にアメリカに渡り,ウッズホール臨海実験所で活動。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

セント・ジェルジの関連キーワードカラー(Paul Karrer)F.B. シュトラウプセント・ジェルジ回路セント・ジェルジミオシン超沈殿

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android