コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セント・ジェルジ Albert von Szent‐Györgyi

1件 の用語解説(セント・ジェルジの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

セント・ジェルジ【Albert von Szent‐Györgyi】

1893‐1986
ハンガリーの生理・生化学者。ブダペストプラハなどの大学で学び,オランダアスコルビン酸(ヘキスロン酸ビタミンC)と生体内の酸化還元反応におけるその役割を発見。この業績で1937年度ノーベル医学生理学賞を受けた。ついで筋収縮の研究に転じ,生体外で作ったアクトミオシンが,エネルギー源物質であるATPによって収縮することを発見し,分子レベルでの収縮機構研究の糸口を開いた。47年にアメリカに渡り,ウッズホール臨海実験所で活動。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セント・ジェルジの関連キーワードハンガリー語オーストリアハンガリー帝国セントジェルジハンガリー狂詩曲プスタハンガリー幻想曲ハンガリー田園幻想曲ハンガリー舞曲集ハンガリー岩ショートヘアード・ハンガリアン・ビズラ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone