コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センナヘリブ Sennacherib

1件 の用語解説(センナヘリブの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

センナヘリブ【Sennacherib】

古代アッシリアの王。在位,前704‐前681年。アッカド語ではシン・アッヘ・エリバSin‐aḫḫe‐eriba。サルゴン朝の始祖サルゴン2世の息子で王位継承者。バビロニアエラムへ前後6回(前703‐前689),西イランへ1回(前702),キリキアおよび北方へ1回,シリア,フェニキアパレスティナへ1回(前701)親征を行って,父王の残した大帝国の国境を維持した。パレスティナ遠征の際のユダ王ヒゼキヤに対するエルサレム攻囲については,王の碑文と齟齬(そご)する点はあるが旧約聖書に詳しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のセンナヘリブの言及

【アッシリア】より

…つぎのサルゴン2世(在位,前721‐前705。新首都ドゥル・シャッルキンを造営)から,センナヘリブ(在位,前704‐前681。首都ニネベ。…

【貨幣】より

…重量単位はシクルのほかにマヌmanu(60シクル),ビルトゥbiltu(60マヌ)があった。アッシリア帝国の王センナヘリブ(在位前704‐前681)は碑文のなかで半シクル青銅貨幣の鋳造を語っており,ペルシア帝国時代には後述のように金貨と銀貨が発行された。しかし,メソポタミアではセレウコス朝まで鋳造貨幣の流通はみられなかった。…

※「センナヘリブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

センナヘリブの関連キーワード慶雲三作神楽川原寺観心寺慶雲金剛寺史思明大宝成相寺菩提僊那

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone