コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センニチコウ(千日紅) センニチコウGomphrena globosa; globe amaranth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

センニチコウ(千日紅)
センニチコウ
Gomphrena globosa; globe amaranth

ヒユ科の一年草で,熱帯アジア原産。センニチソウともいう。古く日本に渡来し,観賞用に栽培される。草丈 50~80cmでよく分枝し,全株にあらい毛がある。葉は長楕円形で短い柄で対生し,節部は太くなって,葉柄の基部や節は赤みを帯びる。夏から秋の頃,茎の上部で分枝し,その先に径 2cmほどの球状頭花をつける。頭花は色のついた翼のある2個の小包葉に包まれた多数の小花から成る。小花には5枚の線状の萼片と5本のおしべがあり,萼は普通紅色,ときに濃紫紅色,淡紫色,白色などの園芸品種がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

センニチコウ(千日紅)【センニチコウ】

熱帯アメリカ原産のヒユ科の一年草。草たけ50cm内外,長楕円形の葉が対生。夏,枝先に小花が径2cmほどの球状に集まってつくが,紅や白色の部分は鱗片状の包葉で,その内側に無弁の花がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

センニチコウ【センニチコウ(千日紅) (common) globe amaranth】

熱帯アメリカ原産のヒユ科の一年草(イラスト)。センニチソウともいう。球状の花序は長いあいだ色や形が変わらないので,ドライフラワーや仏花として利用されてきた。日本への渡来は天和・貞享年間(1681‐88)といわれる。草丈は約50cm,茎は直立してよく分枝し,7~8月に頂端に花をつける。頭状花序は多数の小花から成り,各小花には花弁はないが,綿毛のついた5枚の萼片と5本のおしべがあり,2枚の有翼の小苞につつまれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

センニチコウ(千日紅)の関連キーワード千日草

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

センニチコウ(千日紅)の関連情報