コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センニチコウ(千日紅) センニチコウ Gomphrena globosa; globe amaranth

3件 の用語解説(センニチコウ(千日紅)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

センニチコウ(千日紅)
センニチコウ
Gomphrena globosa; globe amaranth

ヒユ科の一年草で,熱帯アジア原産。センニチソウともいう。古く日本に渡来し,観賞用に栽培される。草丈 50~80cmでよく分枝し,全株にあらい毛がある。葉は長楕円形で短い柄で対生し,節部は太くなって,葉柄の基部や節は赤みを帯びる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

センニチコウ(千日紅)【センニチコウ】

熱帯アメリカ原産のヒユ科の一年草。草たけ50cm内外,長楕円形の葉が対生。夏,枝先に小花が径2cmほどの球状に集まってつくが,紅や白色の部分は鱗片状の包葉で,その内側に無弁の花がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

センニチコウ【センニチコウ(千日紅) (common) globe amaranth】

熱帯アメリカ原産のヒユ科の一年草(イラスト)。センニチソウともいう。球状の花序は長いあいだ色や形が変わらないので,ドライフラワーや仏花として利用されてきた。日本への渡来は天和・貞享年間(1681‐88)といわれる。草丈は約50cm,茎は直立してよく分枝し,7~8月に頂端に花をつける。頭状花序は多数の小花から成り,各小花には花弁はないが,綿毛のついた5枚の萼片と5本のおしべがあり,2枚の有翼の小苞につつまれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

センニチコウ(千日紅)の関連キーワードアゲラタムパキラ青莧千成酸漿千日草ダツラショウジョウソウチョウセンアサガオトウワタハブソウ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone