コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センニュウ(仙入) センニュウ grasshopper warbler

1件 の用語解説(センニュウ(仙入)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

センニュウ【センニュウ(仙入) grasshopper warbler】

スズメ目ヒタキセンニュウLocustellaの鳥の総称。世界で7種が知られる。全長12~18cm。どの種も全体に褐色のじみな羽色をしていて,外観はウグイスやヨシキリに似ている。この属はユーラシア大陸に広く分布し,日本ではエゾセンニュウL.fasciolata(イラスト),シマセンニュウL.ochotensis(イラスト),マキノセンニュウL.lanceolata(イラスト),ウチヤマセンニュウL.pleskeiの4種が生息し,シベリアセンニュウL.certhiolaが迷鳥としての記録がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

センニュウ(仙入)の関連キーワード駒鳥鮫鶲潜入知目鳥麦蒔き目細虫食葦切

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone