コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センニンコク(仙人穀) センニンコクlove‐lies‐bleeding

1件 の用語解説(センニンコク(仙人穀)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

センニンコク【センニンコク(仙人穀) love‐lies‐bleeding】

食用および観賞用として栽培されるヒユ科ヒユ属の一年草。別名ヒモゲイトウ(老鎗穀)。南アメリカの原産で,前4000年ころから山岳地帯で栽培されていたという。観賞用として世界各国で栽培されているが,食用とされるのは,そのうちのいくつかの系統品種群であると思われる。19世紀にネパールインド山岳地帯さらにアフリカに伝えられ,主食用の作物となっている。草丈は1~2m。花穂が房になって長く下垂し,色彩,形態の変化に富む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のセンニンコク(仙人穀)の言及

【ヒユ】より

…【矢原 徹一】。。…

【ヒユ】より

…ホナガイヌビユは全草薬用となり,解熱剤,解毒剤に用いる。しばしば栽培されるものにセンニンコクA.caudatus L.(英名Inca wheat,love‐lies‐bleeding)とスギモリゲイトウA.paniculatus L.がある。いずれも熱帯アメリカ原産。…

【ヒユ】より

…ホナガイヌビユは全草薬用となり,解熱剤,解毒剤に用いる。しばしば栽培されるものにセンニンコクA.caudatus L.(英名Inca wheat,love‐lies‐bleeding)とスギモリゲイトウA.paniculatus L.がある。いずれも熱帯アメリカ原産。…

※「センニンコク(仙人穀)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone