コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センリョウ(千両) センリョウ Chloranthus glaber

2件 の用語解説(センリョウ(千両)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

センリョウ(千両)
センリョウ
Chloranthus glaber

センリョウ科の小さな常緑低木。アジアの温暖帯から熱帯に広く分布し,日本でも東海地方より西の山地林内に自生する。庭木としての栽培も普通である。茎は高さ 50~80cm,緑色で柔らかい。節はやや隆起し,葉は十字対生,上半にだけ鋸歯がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

センリョウ【センリョウ(千両) Sarcandra glabra (Thunb.) Nakai】

暖地の常緑広葉樹林下に生えるセンリョウ科の常緑低木(イラスト)。赤い果実のついた枝を,正月の生花につかう。和名はヤブコウジ科マンリョウ(万両)に対してつけられた。茎は直立してまばらに分枝し,高さ0.7~1m。葉は対生し,やや肉質で長楕円形,縁にとがる鋸歯があり,長さ6~15cm,幅2~6cm,濃い緑色でつやがある。6~7月,枝先にまばらに分枝する花序をだし,多くの黄緑色の小さな花をつける。花は花被がなく,1本のめしべと,そのわきに付着する1本のおしべとからなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

センリョウ(千両)の関連キーワード黄色土夏緑樹林広葉樹林赤色土雉の尾羊歯鞍馬苔常緑広葉樹低地帯常緑広葉樹林夏緑広葉樹林

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone