コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セン緑岩(閃緑岩) せんりょくがん diorite

翻訳|diorite

1件 の用語解説(セン緑岩(閃緑岩)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せんりょくがん【セン緑岩(閃緑岩) diorite】

深成火成岩の一種。火山岩安山岩に相当する深成岩で,シリカSiO255~60%,おもに斜長石と角セン石,少量の輝石,黒雲母,石英などを含む完晶質岩。花コウ岩地帯には石英を含む石英セン緑岩が多量に産出することがあり,南北アメリカ大陸西海岸の花コウ岩質バソリスではその西側1/4が石英セン緑岩で占められ,東方へいくにつれ,つねにフェルシックとなる。この石英セン緑岩分布域の東端は石英セン緑岩線呼ばれる。石英セン緑岩は東アジアバソリス帯ではごく少量で,ここでは石英セン緑岩線は存在せず,アメリカ大陸と著しい相違を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セン緑岩(閃緑岩)の関連キーワード輝石安山岩無人岩火成岩起源トスカニー岩流紋石英安山岩デーサイトひん岩高マグネシア安山岩コハラ岩

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone