コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セン緑岩(閃緑岩) せんりょくがんdiorite

翻訳|diorite

世界大百科事典 第2版の解説

せんりょくがん【セン緑岩(閃緑岩) diorite】

深成火成岩の一種。火山岩の安山岩に相当する深成岩で,シリカSiO255~60%,おもに斜長石と角セン石,少量の輝石,黒雲母,石英などを含む完晶質岩。花コウ岩地帯には石英を含む石英セン緑岩が多量に産出することがあり,南北アメリカ大陸西海岸の花コウ岩質バソリスではその西側1/4が石英セン緑岩で占められ,東方へいくにつれ,つねにフェルシックとなる。この石英セン緑岩分布域の東端は石英セン緑岩線と呼ばれる。石英セン緑岩は東アジアのバソリス帯ではごく少量で,ここでは石英セン緑岩線は存在せず,アメリカ大陸と著しい相違を示す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android