コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セーセル Claude de Seyssel

世界大百科事典 第2版の解説

セーセル【Claude de Seyssel】

1450ころ‐1520
フランスの政治思想家,聖職者。アルプス山地の小国サボア公国出身。法学を学んだのち,サボア公国およびフランス王国において,両国のイタリア政策に敏腕を振るい,とくにフランス国王ルイ12世のよき助言者となった。聖職者としては,マルセイユ司教,トリノ大司教を歴任した。彼の名を後世に知らしめたのは,その著《フランス王政論La monarchie de France》(1515執筆,19刊行)である。この書でセーセルは,王政を良しとしつつも,王権は絶対的なものであってはならず,宗教,正義,古き慣行(ポリス)の拘束の下にあることを主張しており,制限王政の立場を鮮明に示す政治思想史上の古典として名高い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

セーセルの関連キーワードルターケイド世宗ウェールズ文学トゥトモス3世バルセロナヒッタイト美術鍾馗ケードの乱スフォルツァ家

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android