コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セーセル Claude de Seyssel

1件 の用語解説(セーセルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

セーセル【Claude de Seyssel】

1450ころ‐1520
フランス政治思想家,聖職者。アルプス山地の小国サボア公国出身。法学を学んだのち,サボア公国およびフランス王国において,両国のイタリア政策に敏腕を振るい,とくにフランス国王ルイ12世のよき助言者となった。聖職者としては,マルセイユ司教,トリノ大司教を歴任した。彼の名を後世に知らしめたのは,その著《フランス王政論La monarchie de France》(1515執筆,19刊行)である。この書でセーセルは,王政を良しとしつつも,王権は絶対的なものであってはならず,宗教,正義,古き慣行(ポリス)の拘束の下にあることを主張しており,制限王政の立場を鮮明に示す政治思想史上の古典として名高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セーセルの関連キーワードミッテランモンテスキューゴーリスム自由民権論災異説徳治思想マンデスフランス石田雄佐々木毅島田久吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone