セーデルマンランド県(読み)セーデルマンランド(英語表記)Södermanland

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セーデルマンランド〔県〕
セーデルマンランド
Södermanland

スウェーデン中東部,バルト海に面した県。県都ニューチェピング。大小の湖沼が多数あり,全体的に肥沃で平坦な地域である。酪農と漁業が盛ん。製鉄,木材加工,パルプ製造などの工業がみられ,古都エスキルストゥーナが各種機械製造を中心とした工業都市として発展している。メーラレン湖とバルト海を結ぶ県北のセーデルテリエ運河が物資移動の主要ルート。面積 6060km2。人口 25万 6818 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android