コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セーフガード(Safeguard)

外国為替用語集の解説

セーフガード(Safeguard)

WTO協定で認められている緊急輸入制限措置。「一般セーフガード」は、国内産業に重大な損害が生じる場合に限り認められ、農産物を含むモノ全般を対象とするが、様々な条件がある。「特別セーフガード」は協定で関税化された農産物だけに適用され、定められた基準を超えた輸入の急増や輸入価格の低落時に自動的に発動することができ、輸出国は対抗措置をとることができない。

出典|(株)マネーパートナーズ外国為替用語集について | 情報

セーフガード(Safeguard)の関連キーワード国家管理体制(シンガポールの)セーフガードABM計画エスケープ・クローズスナップ・バック条項センチネルABM計画ウルグアイ・ラウンドガット(GATT)緊急輸入制限条項セーフガード条項ダビニョン計画市場開放政策世界貿易機関米中経済摩擦保障措置協定緊急輸入制限東京ラウンド輸出自主規制綿織物工業スパルタンWTO協定

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android