コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セーベルナヤゼムリャー Severnaya Zemlya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セーベルナヤゼムリャー
Severnaya Zemlya

ロシア北部,北極海にある島群で,カラ海ラプテフ海を分ける。クラスノヤルスク地方に属する。ビリキツキー海峡によって,シベリア最北端,タイムイル半島チェリュスキン岬と隔てられる。四つの大きな島 (オクチャーブリスカヤレボリューツィヤ島ボリシェビク島コムソモーレツ島,ピオネル島) のほか,いくつかの小島からなり,総面積 3万6712km2。最高点はオクチャーブリスカヤレボリューツィヤ島の 965m。全面積の約半分が氷に覆われている。植生は乏しく,レミング,ホッキョクグマホッキョクギツネなどが生息する。1913年 B.ビリキツキーが発見,1930~32年 G.A.ウシャコフが探検,調査した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

セーベルナヤゼムリャーの関連キーワードショカリスキー海峡ウエジネーニエ島タイムイル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android