コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼンフテンベルク Senftenberg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼンフテンベルク
Senftenberg

ドイツ東部,ブランデンブルク州の都市。ドレスデンコトブスのほぼ中間に位置する。スラブ人の集落に始り,11世紀に砦が築かれ,1200年頃都市権を獲得。ラウジッツ褐炭地帯に属し,19世紀末に鉄道が開通してから経済的に発展した。市街地の周辺部では多数の露天炭鉱が稼働しているほか,褐炭のブリケット工場,ガス工場もある。地下水位の低下や大気汚染などが起り,環境保全が大きな課題となっている。人口3万 2095 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゼンフテンベルクの関連キーワードホイエルスウェルダコットブス

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android