コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼーラント州 ゼーラントZeeland

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼーラント〔州〕
ゼーラント
Zeeland

オランダ南西部,スヘルデ (エスコー) ,マース (ムーズ) 両河川の三角江一帯を領域とする沿海の州。ベルギー国境と西スヘルデ川にはさまれた細長いゼーウスフランデレン地方とスハウウェンドイフェラント,トーレン,ノールトベフェラント,ワルヘレン,ゾイトベフェラントなどの島嶼から成る。海岸線の形は,土砂の堆積や築堤により徐々に変っている。おもな都市は,州都ミデルブルフフリシンゲン。農業は,機械化が進み,土地生産性も高い。穀物,ジャガイモ,テンサイのほか,アサ,菜種も栽培される。漁業は,伝統的なカキ養殖のほか,小エビ,二枚貝漁も行われる。島嶼部は,相互の交通の便が悪いうえ,高潮などの自然災害を受けやすいので,防災と交通網整備を目的とした「デルタ計画」により,島嶼間を堤防で連結する工事が 1986年に完成した。面積 1796km2。人口 35万 7454 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゼーラント州の関連キーワードゼーマン(Pieter Zeeman)ウィレム[1世]P. ゼーマンミッデルブルフフランドルオランダゼーマン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android