ソット・イン・ス(英語表記)sotto in su; from below to above

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソット・イン・ス
sotto in su; from below to above

ソッティンスーともいう。絵画技法の一つで仰視法の意味。ルネサンスからバロックにかけてイタリアで盛んに行われた,極度の短縮法を用いて画像が空中に浮いて見えるようにした天井画における錯覚的遠近法。狭い意味でのイリュージョニスムと同義。マンテーニャ,ジュリオ・ロマーノ,コレッジオティエポロなどの天井画にその典型的な表現がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android