コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソット・イン・ス sotto in su; from below to above

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソット・イン・ス
sotto in su; from below to above

ソッティンスーともいう。絵画技法の一つで仰視法の意味。ルネサンスからバロックにかけてイタリアで盛んに行われた,極度の短縮法を用いて画像が空中に浮いて見えるようにした天井画における錯覚的遠近法。狭い意味でのイリュージョニスムと同義。マンテーニャ,ジュリオ・ロマーノ,コレッジオティエポロなどの天井画にその典型的な表現がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ソット・イン・スの関連キーワードコルトナ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android