コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソフトウエア工学 ソフトウエアこうがくsoftware engineering

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソフトウエア工学
ソフトウエアこうがく
software engineering

ソフトウエア生産を従来の手工業的生産から工業的生産へと改善することを目指し,1968年に旧西ドイツのガルミッシュで開催された会議 (NATO主催) で初めて使用された言葉。ソフトウエア工学で取扱う分野は,(1) ソフトウエア生産に関する技法やツール,開発支援システム-ユーザー要求の抽出作業から保守作業にいたるライフサイクルの各段階で使用される設計,プログラミング,試験など,(2) ソフトウエア管理に関する技法やツール-ライフサイクル全般にわたり,ソフトウエア生産活動を効果的に管理するためのもの,(3) ソフトウエア生産性評価に関する技術-ソフトウエア生産の基礎となる組織,標準化,ソフトウエア部品やドキュメントなどの資源管理を含む生産性評価に関する技術,である。現在は,今までライフサイクルごとに提供されていたツールに対し,ヒューマンインターフェースを統一化し,使用すべきツール間のインターフェースをとり,ライフサイクル全体にわたり一貫してソフトウエアの生産作業を支援するソフトウエア開発支援システム (CASEシステム;Computer-Aided Software Engineering Systemなど) の研究開発・製品化が活発である。また,ユーザーの要求を正しく把握し明確化するための要求仕様獲得技術,与えられた要求仕様から目的言語へ自動・半自動的に合成する技術,対話的にソフトウエア生産作業のガイドを行なったり種々の最適化作業を支援する知的なプログラミング環境を実現する技術などの研究が進められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ソフトウエア工学の関連キーワードsoftware engineeringソフトウエア危機ケイスCMM

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android