コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソフトエネルギーパス soft energy path

大辞林 第三版の解説

ソフトエネルギーパス【soft energy path】

アメリカの環境保護運動家ロビンス(Amory Lovins)が1976年に提唱したエネルギー路線。原子力や巨大火力による発電を排して、コジェネレーション・分散型エネルギー・ソフト-エネルギー(小規模な風水力など)による持続可能な社会への道を示した。ソフト-パス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ソフトエネルギーパスの関連キーワード『ソフト・エネルギー・パス』の著者エイモリ・ロビンス氏が「ブループラネット賞」を受賞国連環境と開発に関する世界委員会エモリー ロビンスソフト・エネルギーコジェネレーション

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android