コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソルヴェーグの歌

1件 の用語解説(ソルヴェーグの歌の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ソルヴェーグの歌

ノルウェーの作曲家エドヴァルド・グリーグの管弦楽曲。原題《Solvejgs sang》。組曲『ペール・ギュント』(1891)の第2番、第4曲を指す。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソルヴェーグの歌の関連キーワード叫びアニトラの踊り春に寄すベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団ホルベアの時代からホルベルク組曲病める子供病める少女グリーグ:ホルベルク組曲/piano soloスヴェンセン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone