コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソロ[川] Bengawan Solo

世界大百科事典 第2版の解説

ソロ[川]【Bengawan Solo】

インドネシア,ジャワ島中部から東部を流れる同島最大の川。延長540km,流域面積約1万5000km2。ラウー火山の南麓に発源,北上してスラカルタ市の東を通り,北東へ流路を転じジャワ原人の遺跡トリニールを経てナウィに至る。本流はさらに北東へ向かい,スラバヤ北方にデルタを形成しつつジャワ海に注ぐ。中流以下は傾斜がわずかなため(ナウィで標高46m)蛇行し,大小の支流を合わせる。水深は一般に浅く,水量も季節により増減があるが,人口の多い肥沃な平地を流れるので灌漑,交通に利用されてきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android