コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソロイ Soloi; Soli

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソロイ
Soloi; Soli

キプロス島北岸の古代ギリシアの植民市 (アポイキア ) 。伝承によればトロイ戦争後ギリシアの英雄アカマスが建設したとされる。アッシリア王アッシュールバニパルの同盟市だったイリスの支配したシル Silluと同定される。前 500年にはペルシア軍の攻囲を受けた。銅の産地として有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ソロイの関連キーワードアラン・リチャード・ジェームス スキッドモアクリフォード・L.C. ジョーダンイギリス・バロック管弦楽団高ロイシンイソロイシン血ウィリアム・C. ローズメープルカエデシロップ病クラレンス ロフトンアルフレッド アパカエンテロペプチダーゼポール ゴンザルベスデビッド ニューマンレニー ニーハウスバック クレイトンルー ドナルドソンハリー エディソンケト原性アミノ酸ジミー アーチースクシニルCoAフィル ギルボー栄養素間相互作用

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android