コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソロベツキー[諸島] ソロベツキー

百科事典マイペディアの解説

ソロベツキー[諸島]【ソロベツキー】

ロシア北部,白海オネガ湾の出口に位置し,6つの島からなる。最大のソロベツキー島に15世紀,修道院が建てられた。修道院と宮殿,作業場からなり,大いに繁栄。その後,16−19世紀に教会もいくつか建造された。帝政ロシアおよびソ連時代には政治犯,罪人の流刑地にもなった。文化・歴史遺跡は1992年,世界文化遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ソロベツキー[諸島]の関連キーワードソロヴェツキー[諸島]

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android