コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソロラ Sololá

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソロラ
Sololá

グアテマラ南西部の都市。同名県の県都。首都グアテマラ市の西北西約 70km,標高約 2100mの中央高地にあり,南にアティトラン湖を見おろす。周辺の農業地帯の中心地で,コーヒー,穀物,野菜などを集散する。特に金曜市は有名で,周辺の集落に住むインディオマヤ族が集り,物々交換を行う。近くに製粉工場がある。パンアメリカン・ハイウェーから分岐する道路が通る。人口1万 2201 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ソロラの関連キーワードリアム オ・メンリィスタンプラリーATSUSHIダンディ坂野ラーメンズ芽夢ちさと高山えりか加納未樹タマ伸也村石有香牧田未央浦田直也望月衛介原田伸郎秋園美緒ブルーニ今井宏美JAN佐藤達

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android