コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソーダサニディン岩 ソーダサニディンがんsoda-sanidinite

岩石学辞典の解説

ソーダサニディン岩

片岩が高温交代作用(pyrometasomatism)で形成された岩石.Na-サニディンが主で,副成分には黒雲母,ジルコン,珪線石,石榴(ざくろ)石などがあり一般に少量のガラスが含まれる[Brauns : 1912].代表的な例はラインランド(Rheinland)のラヘル湖(Laacher See)地方の火山放出岩塊である.1934年にブラウンスはこれらの岩石を単にサニディン岩(sanidine rock)と呼んでいる[Brauns : 1934].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android