コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソーラス sorus

翻訳|sorus

世界大百科事典内のソーラスの言及

【シダ植物(羊歯植物)】より

…このうち,小葉性のものと大葉性のものは異なった系統群に属しており,大葉性のもののうち,真囊性のものには系統的につながりの認められないリュウビンタイの類とハナヤスリの類がある。薄囊シダ類のうちには,一つの胞子囊群(ソーラスsorus)中の胞子がすべて同時に成熟するもの(斉熟),胞子囊托の基部から上部に向けて順番に成熟していくもの(順熟),それに一つのソーラスの中にさまざまの程度に成熟した胞子が混在するもの(混熟)の三つの型があり,この順に進化してきたものである。また,ソーラスの起源が,もともと葉縁である脈端にあるもの(縁生類)と,脈の背面につくもの(面生類)とは系統的に異なっている。…

※「ソーラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ソーラスの関連キーワード米国議会図書館件名標目表国立国会図書館件名標目表クロスリファレンスシソーロファセット多言語シソーラス医学件名標目表ディスクリプタ複数上位関係自然言語処理全体部分関係オントロジーユニターム付与索引法件名標目表シソーラス非優先語シダ植物情報検索統制語彙階層関係

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android