コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソ連=ペルシア条約 ソれん=ペルシアじょうやくSoviet-Persian Treaty

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソ連=ペルシア条約
ソれん=ペルシアじょうやく
Soviet-Persian Treaty

1921年2月 26日モスクワでソ連ペルシア (1935年にイランと改称) との間に締結された友好関係設定条約。ソ連政府が,平時において旧ロシア領諸国以外の国と結んだ最初の条約。その内容は,帝政ロシアのペルシアに対する債権およびペルシア主権圧迫の条約の権限放棄,ソ連軍の撤退,カスピ海におけるペルシア船の航行の自由,内政不干渉,ソ連軍のペルシア領内派遣を許す条件などを定めたもの。この規定の大部分は 27年 10月1日の両国間の保障および中立条約に引継がれたが,ソ連のペルシア領内派兵権限を定めたことは,1920~30年代のソ連の一連の中立ないし不可侵条約,相互援助条約における派兵権利用による影響力浸透方策の最初の例となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ソ連=ペルシア条約の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))帰山教正ヴェナイトドキュメンタリー映画内閣総理大臣安田善次郎フェン岩ダシュティーバンゼギーラーン共和国

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android