コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソ連による日本人の抑留

1件 の用語解説(ソ連による日本人の抑留の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ソ連による日本人の抑留

第2次世界大戦末期の1945年8月8日に日本に宣戦布告したソ連は、満州国や樺太(現ロシアサハリン)などにいた日本人を抑留して働かせた。飢餓や酷寒の中で重労働を課せられた人もおり、抑留された57万5千人のうち5万5千人が死亡したとされる。1946年12月に引き揚げが始まったが、帰国に11年かかった人もいた。極東や中央アジアといった地での抑留も含め、一般に「シベリア抑留」と呼ばれている。抑留された女性の中には従軍看護婦のほかに助産婦や電話局職員らもいたとされるが、その数については「偏見を恐れて積極的に体験を語らなかったせいか、今もはっきりしていない」(シベリア抑留研究会代表世話人の富田武・成蹊大名誉教授)という。

(2014-08-13 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソ連による日本人の抑留の関連キーワードウィルヘルミナ戦債問題[第1次世界大戦]第2次世界大戦連合国会議日中貿易[第2次世界大戦後]ハクブル=コモロフスキワシレフスキーエノラ・ゲイ《第2次世界大戦》ロンドン協定(第2次世界大戦)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソ連による日本人の抑留の関連情報