ソ連侵攻とシベリア抑留

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ソ連侵攻とシベリア抑留

第2次世界大戦で日本が降伏する直前の1945年8月8日深夜、ソ連は日本に宣戦布告。日本の関東軍の主力の大半が南方へ移って手薄になっていた満州(中国東北部)へ、総数174万人が攻め入った。交戦終結後、ソ連は満州、樺太千島から日本の軍人民間人シベリアなどの収容所連行。厳しい強制労働に従事させられた抑留者は、極寒飢餓にも苦しんだ。厚生労働省は、約57万5千人が抑留され、そのうち約5万5千人が死亡したとしている。

(2015-08-01 朝日新聞 朝刊 大分全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android