ソ・フィン戦争(読み)ソフィンせんそう

世界大百科事典 第2版の解説

ソフィンせんそう【ソ・フィン戦争】

1939‐44年,フィンランドソ連邦の間で2度にわたって行われた戦争。(1)第1次ソ・フィン戦争(冬戦争,1939‐40年) 30年代にドイツでナチスが政権を握ると,ソ連は西部国境に軍事的脅威を感じ始めた。この時期に国際連盟が無力化し,北欧諸国は武装中立の道を歩むようになり,フィンランドもこれに同調する。39年,ドイツのポーランド侵攻が開始されると,ソ連はフィンランドの中立策に満足せず,レニングラード防衛のため大幅な領土交換を要求した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android