コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゾウのオリ

1件 の用語解説(ゾウのオリの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ゾウのオリ

英語ではエレファント・ケージと呼ばれる。三沢基地のアンテナは極東最大と言われる。短波通信の傍受距離は約150キロ~5000キロとされる。ゴルフボール型のアンテナとともに米国家安全保障局(NSA)の直接指揮の下、空軍をはじめ各軍の情報部隊が運用している。旧ソ連や中国、北朝鮮など軍隊間の通話から一般通話、ファクス電子メールまであらゆる通信を24時間態勢で傍受しているといわれている。ゾウのオリは米、英両国など5カ国によって共同運用している通信傍受(COMINT)システムエシュロン」(仏語ではしごの意)の施設ではないか、とも取りざたされた。

(2008-11-02 朝日新聞 朝刊 青森全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゾウのオリの関連キーワードファンファントムエレファントグラスエレフテリアス広場ファンデルワールス状態方程式ファントホッフ係数ホーム・ページテレコミュニケーターパッケージ・ソフト第2手根骨 (2nd carpal bone)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゾウのオリの関連情報