ゾウガメ(象亀)(読み)ゾウガメ(英語表記)giant tortoise

世界大百科事典 第2版の解説

ゾウガメ【ゾウガメ(象亀) giant tortoise】

陸生では最大のリクガメ科Testudinidaeのカメ。四肢の形状や頸部の皮膚のようすがゾウに似るためゾウガメと呼ばれる。現生種には,インド洋上のセーシェル諸島,アルダブラ諸島に分布するアルダブラゾウガメGeochelone gigantea(英名Aldabra giant tortoise)(イラスト)と,太平洋上のガラパゴス諸島に分布するガラパゴスゾウガメG.elephantopus(英名Galapagos giant tortoise)(イラスト)の2種が知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android