コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゾウゲヤシ(象牙椰子) ゾウゲヤシivory nut palm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゾウゲヤシ(象牙椰子)
ゾウゲヤシ
ivory nut palm

象牙質の硬い胚乳を生じるヤシ類の総称。服のボタンなどをつくるためボタンヤシの名もある。この1種カロリンゾウゲヤシ Coelococcus amicarumはカロリン諸島の湿地に生える。サゴヤシに似た形状で葉腋から2~3mもの長い花序を放射状に出す。果実は先端が少しとがった球状で,直径8~10cm。表面は暗赤色で美しい光沢があり,密に接着した硬い鱗片でおおわれる。種子は直径 5cm内外のやや平らな球形で,その内容の大部分は象牙質の硬い胚乳で占められている。胚乳は乳白色で磨くと光沢を生じ,また容易に着色もできるのでボタンをつくったり,彫刻用に用いられる。同様に利用されるものにソロモン諸島産の C. solomonensis,フィジー諸島産の C. vitiensis,熱帯アメリカ産の Phytelephas macrocarpa,ブラジル産の Attalea funifera,西アフリカ産の Rhaphia uiniferaなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android