コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゾウリエビ(草履海老) ゾウリエビ Parribacus japonicus

1件 の用語解説(ゾウリエビ(草履海老)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゾウリエビ【ゾウリエビ(草履海老) Parribacus japonicus】

甲殻綱セミエビ科の歩行型エビ(イラスト)。体長15cmほどで,大型個体は20cmに達する。イセエビなどと同様に,水深10~30mの岩礁に生息し,外洋水が直接あたるような場所に多い。肉は食用にして味がよいが,市場に出回るほど多くはない。甲は著しく硬く,小さな顆粒(かりゆう)と粗毛で覆われている。全体として背腹に扁平であるが,頭胸部,腹部とも中央部がやや盛り上がる。頭胸甲の側縁に8本のとげが並び,第2,3番目のとげの間は切れ込みが深い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゾウリエビ(草履海老)の関連キーワードイセエビ虎海老沼海老赤蝦桜蝦条蝦蝉海老糠蝦藻蝦メキシコエビ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone