コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゾブテンベルク岩 ゾブテンベルクがんzobtenite, zobtenfels

岩石学辞典の解説

ゾブテンベルク岩

斑糲(はんれい)岩片麻岩の一種で,周囲がウラル石化した異剥石が,点紋状あるいは眼球状となって,緑簾石とソーシュル石化した斜長石の粒状集合体の中に埋まる構造の岩石である[Roth : 1887].ブッフによってゾブテンフェルス(zobtenfels)と呼ばれた岩石で[Buch : 1797],ウラル石斑糲岩に相当する岩石であるが,後にロスによってゾブテナイト(zobtenite)と命名された[Roth : 1887].ゾブテンベルグ岩の名は地学辞典による[渡辺編 : 1935].シレジア地方のゾブテンベルク(Zobtenberg)山に産する.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android