コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゾブテンベルク岩 ゾブテンベルクがん zobtenite, zobtenfels

1件 の用語解説(ゾブテンベルク岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ゾブテンベルク岩

斑糲(はんれい)岩片麻岩の一種で,周囲がウラル石化した異剥石が,点紋状あるいは眼球状となって,緑簾石とソーシュル石化した斜長石の粒状集合体の中に埋まる構造の岩石である[Roth : 1887].ブッフによってゾブテンフェルス(zobtenfels)と呼ばれた岩石で[Buch : 1797],ウラル石斑糲岩に相当する岩石であるが,後にロスによってゾブテナイト(zobtenite)と命名された[Roth : 1887].ゾブテンベルグ岩の名は地学辞典による[渡辺編 : 1935].シレジア地方のゾブテンベルク(Zobtenberg)山に産する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゾブテンベルク岩の関連キーワード眼球斑糲岩斑糲ひん岩斑糲片岩真珠片麻岩セラ片麻岩斑糲岩相モンゾ斑糲岩滑石斑糲岩准斑糲岩斑糲輝緑岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone