コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゾブテンベルク岩 ゾブテンベルクがんzobtenite, zobtenfels

1件 の用語解説(ゾブテンベルク岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ゾブテンベルク岩

斑糲(はんれい)岩片麻岩の一種で,周囲がウラル石化した異剥石が,点紋状あるいは眼球状となって,緑簾石とソーシュル石化した斜長石の粒状集合体の中に埋まる構造の岩石である[Roth : 1887].ブッフによってゾブテンフェルス(zobtenfels)と呼ばれた岩石で[Buch : 1797],ウラル石斑糲岩に相当する岩石であるが,後にロスによってゾブテナイト(zobtenite)と命名された[Roth : 1887].ゾブテンベルグ岩の名は地学辞典による[渡辺編 : 1935].シレジア地方のゾブテンベルク(Zobtenberg)山に産する.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone