ゾルゲ(読み)ぞるげ(英語表記)Reinhard Johannes Sorge

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゾルゲ(Reinhard Johannes Sorge)
ぞるげ
Reinhard Johannes Sorge
(1892―1916)

ドイツの劇作家、詩人。ベルリン生まれ。ニーチェ、ゲオルゲなどの影響を受けて、早くから文学を志したが、戦傷を負って24歳で夭逝(ようせい)した。代表作は、表現主義戯曲の先駆的な作品『乞食(こじき)』(1912)である。自我や法悦への渇望を高揚した文体でつづったものが多く、観念的すぎるきらいがある。『オデュッセウス』(1911)、『グントバル』(1914)、『ダビデ王』(1916)などの戯曲のほか、夢想的な叙情詩や、カトリック改宗(1913)後に書かれた宗教詩などがある。[恒吉良隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゾルゲの関連情報