コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゾンデ栄養法 ゾンデえいようほうgavage

翻訳|gavage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゾンデ栄養法
ゾンデえいようほう
gavage

主として鼻腔から,細いネラトンカテーテルとか,ポリエチレンやポリビニル製の細いカテーテルを胃内に挿入し,留置したままで栄養物を注入する方法。自力で食物を摂取できない未熟児虚弱児に対しておもに行うが,意識喪失や昏睡患者誤嚥のおそれがある患者にも用いられる。食欲不振,拒食,咬痙などの場合にも応用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android