タイの新国際空港

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

タイの新国際空港

プミポン国王が「スワンナプーム(黄金の土地)空港」と名付けた。バンコクの東約30キロにあり、成田空港の約3倍の3200ヘクタールの敷地に4千メートルと3700メートルの2本の滑走路を持つ。管制塔や単体のターミナルビルは世界一の規模。国際線主体の空港としてはアジア一の年間4500万人の利用を見込み、将来的には1億人を想定。滑走路をさらに2本増設する。01年に日本企業などがターミナルビルを受注して建設が本格化。建設費約4800億円の半分は日本の円借款でまかなった。

(2006-08-27 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android