コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイソン党革命 タイソンとうかくめい

1件 の用語解説(タイソン党革命の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タイソンとうかくめい【タイソン党革命】

18世紀末,ベトナムに起こった巨大な反政府農民運動クアンナム(広南)朝レ(黎)朝ダイベト(大越)を倒してベトナムの統一を果たした。日本ではタイソン党の乱と呼ばれた。1771年,ビンディンタイソン(西山)村のグエン・バン・ニャク(阮文岳),フエ(恵),ルー(侶)の3兄弟は,フエ(順化)のクアンナム朝に反乱を起こし,たちまちビンディン,クアンナム地方を席巻した。クアンナム・グエン(阮)氏の旧敵でハノイチン(鄭)氏は,これに呼応してフエを陥落させ,78年,クアンナムのディンブオン(定王)は南部に亡命,客死した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のタイソン党革命の言及

【ベトナム】より

…戦乱と天災は彼らを流民化させ,18世紀中葉以降のレ・ズイ・マト(黎維樒)らの反乱を生んだ。 1771年クイニョンに起こったグエン(阮)3兄弟によるタイソン党革命は,75年クアンナム朝を滅ぼし,次いで86年グエン・バン・フエ(阮文恵)はチン氏を倒し,レ帝を中国に逐い,さらに89年には清の干渉軍をハノイに大破した。タイソン・グエン朝下,ベトナムでは土地改革が行われ,チュノム(字喃)文学が栄えたといわれる。…

※「タイソン党革命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タイソン党革命の関連キーワードジャンボベトコンベトナム語出来事バオダイファンボイチャウ越僑西沙諸島ダンケルド日本ベトナム間賠償借款協定

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone