コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイチョン(台中)県 タイチョンTaizhong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイチョン(台中)〔県〕
タイチョン
Taizhong

タイワン (台湾) 中西部の県。県庁所在地はフォンユワン (豊原) 市。西はタイワン(台湾)海峡に臨み,ターチヤ (大甲) 渓に沿って東に延びる。東部はシュエシャン (雪山) 山脈チョンヤン (中央) 山脈の主脈に囲まれ,標高 3000m以上の高峰が連なる。海岸平野と,その東に丘陵性のタートー (大肚) 山地を隔てて続くタイチョン(台中)盆地が主要地域である。水稲を中心にラッカセイ,バナナ,柑橘類などが栽培される。ターチヤ渓沿いに東西横断道路が通り,山間にはリーシャン (梨山) ,クーコワン (谷関) 温泉などの避暑地,観光地が発達している。盆地の中央は省轄のタイチョン(台中)市が占める。面積 2051km2。人口 155万896 (2008推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タイチョン(台中)県の関連キーワードタイチョン(台中)盆地フォンユワン(豊原)市ターチヤ(大甲)渓リーシャン(梨山)トンシー(東勢)タイチョン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android