コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイビン省 タイビンThai Binh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイビン〔省〕
タイビン
Thai Binh

ベトナム北東部の省。省都タイビンホン川 (紅河) デルタの東部にある省で,ホン川最下流部の左岸を占める。同国で最も人口稠密な省で,1km2あたりの人口密度は 1970年代なかばに 1000人をこえた。土壌が肥沃で,典型的な米の二期作地帯となっており,単位面積あたりの収量では常に北部の他の省をリードしている。この地方ではベオ (アカウキクサ) を栽培し,緑肥に使用している。面積 1524km2。人口 170万 5400 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タイビン省の関連キーワードズオン・トゥー・フオンイェンバイ蜂起レ・クイ・ドンアカウキクサ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android