コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイ政局と新憲法

1件 の用語解説(タイ政局と新憲法の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

タイ政局と新憲法

昨年1月、タクシン前首相一族による株取引疑惑が発覚。退陣要求運動が起き、前首相派と反対派による政争に発展した。政局の混乱が続く中、ソンティ陸軍司令官らが昨年9月にクーデターを決行。憲法を停止し、元陸軍司令官のスラユット氏を首相に指名した。新憲法案は今年7月上旬に完成した。国民投票で否決された場合、軍と政府が過去の憲法の中から一つを選び、手直しして使うことができる。投票結果にかかわらず、政府は年内の総選挙実施を表明している。

(2007-08-17 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タイ政局と新憲法の関連キーワードタイのクーデタータイの新政権タイの政情混乱タイの総選挙タイ総選挙タクシン・シナワット首相国会議員の株取引反タクシンの動きタイの政治対立タイ騒乱

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone