コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイ最南部の紛争

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

タイ最南部の紛争

2004年1月、ナラティワート県の軍施設をマレー系武装集団が襲い、兵士4人を殺して武器を略奪。その後爆弾テロや射殺事件が続いた。当時のタクシン政権が掃討作戦に踏み切ったが、モスクの襲撃や虐殺などが相次ぎ泥沼化。同県とパタニ県、ヤラー県の最南部3県には非常事態宣言が出されている。タイは仏教徒が多いが、20世紀初めまでイスラム国家があった最南部はマレー系住民が約8割を占める。テロは分離独立派の武装組織や海外の支援団体の関与が指摘されているが、詳しい実態は分かっていない。

(2012-03-13 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

タイ最南部の紛争の関連キーワードICタグスマトラ島沖地震・津波[各個指定]工芸技術部門イメルダ スタウントンバリー ボンズ小泉純一郎内閣崔洋一ロンドン同時爆破テロバリー ボンズヨハン サンタナ

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android