コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイ最南部の紛争

1件 の用語解説(タイ最南部の紛争の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

タイ最南部の紛争

2004年1月、ナラティワート県の軍施設をマレー系武装集団が襲い、兵士4人を殺して武器を略奪。その後爆弾テロや射殺事件が続いた。当時のタクシン政権が掃討作戦に踏み切ったが、モスクの襲撃や虐殺などが相次ぎ泥沼化。同県とパタニ県、ヤラー県の最南部3県には非常事態宣言が出されている。タイは仏教徒が多いが、20世紀初めまでイスラム国家があった最南部はマレー系住民が約8割を占める。テロは分離独立派の武装組織や海外の支援団体の関与が指摘されているが、詳しい実態は分かっていない。

(2012-03-13 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タイ最南部の紛争の関連キーワードテオティワカンズラティボルダーティーワークデコラティブアートナラティブティーダラティオロシオ・41タイの南部問題明豊ファシリティワークス東洋クオリティワン

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone