タウテイラ岩(読み)タウテイラがん(英語表記)tautirite

岩石学辞典の解説

タウテイラ岩

ネフェリンに富むラタイトで,褐色角閃石の小さい斑晶がカリ長石,アンデシン,ネフェリンなどからなる石基に含まれる岩石[Iddings & Morley : 1918].太平洋,タヒチ(Tahiti)島,タイアラプ(Taiarapu)のタウティラ(Tautira)浜に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android